Apple

【Apple】M1搭載MacBook Air2020レビュー

2020年11月に発売されたM1搭載の新型MacBookAirを購入して、2ヶ月が経過しました。
2ヶ月間使用して感じたことをレビューしていきたいと思います。
個人的にはもはやパートナー、ぎゅっとしたいレベルで気に入っております。
MacBook Airの購入を検討、Proと比較したりしている方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

購入したMacBook Air(M1,2020)のスペック

  • カラーはスペースグレイ
  • 13.3インチRetinaディスプレイ
  • M1チップ8コア
  • メモリ8GB
  • ストレージ512GB
  • 重量1.29kg

同梱物

  • 30W電源アダプタ
  • 2MのCtoCケーブル
  • りんごシール
  • 説明書

MacBook Air(M1,2020)を選んだ理由

特にこれと言って特別なことはないのですが、選んだ理由をいくつかあげます。

  • MacBook12インチゴールド(2016)のバッテリーが限界を迎え電源を外せなくなり、出先で使用不可能になったので新しいMacBookが欲しかった。
  • M1チップ搭載のMacBookが欲しかった。
  • 持ち歩くため、できるだけ軽いのがよかった。
  • Touch IDは欲しいが、Touch Barがいらなかった。
  • 映像やデザインのプロではないからAirで充分かなと思った。

こだわりとはまた違いますけど、「ストレージを512GBにした」ということと「スペースグレーを選んだ」というのは、今回が初めてのことで、個人的には今までの自分と違う選択をする場面だったので少しドキドキしました。笑
ゴールドは全部可愛いのですが、新しいMacBookはローズゴールドに近い色味なので、好みじゃないのです。
今まで使ってた2016年MacBookのシャンパンゴールドと同じだったらゴールドを買ってたと思います。
ゴールドはしっくり来なかったのですが、スペースグレーはとってもかっちょ良いと思ったので今回初めてスペースグレーを選んでみました。
実際、超かっちょいーので気に入っています。

MacBookAirとMacBookProで迷った!

実は、最初はAirではなくProを買おうかと思っていました。同じような人も多いと思います。
AirかProか、8GBか16GBか、ストレージはどうしようか、色々迷ってしまうものなのですが、迷うとキリがない。笑
私は、Touch Barの必要性・重要性があまり感じられなくてAirにしました。
動画編集もするようになったこともあって新しいPCはMacBookProが良いかなー!と思ったのですけど、「M1チップが優秀なのでAirを選んでもPro並みの作業も可能だよー」という内容の動画をYouTubeでも観ていたのと、私のレベルではそこまで本格的な動画編集はしないし、プロ仕様の機能は必要ないか!ということで、Airにしました。

サイズですが、MacBook Airも充分軽くて薄いのですが、12インチを使ってきた私からすると、巨大に見えました。笑

今はもうAirにも慣れて全然違和感なく便利に快適に愛用していますが、家にいるときは12インチも併せて2台を使っているので12インチを見たり触ったりするとやっぱり、画面小さい!薄い!コンパクト!軽い!といちいち思います。笑
Appleのジーニアスバーで聞いたお話ですが、12インチのMacBook、しかもゴールドのカラーは最初で最後のMacBookとなっていて今でもすごく人気で、バッテリー交換や修理、定期的にメンテナンスをして、大切に長く愛用している人が多いんだそうです。
私もかなり気に入って使っているMacBookなので、今後バッテリー交換に出して、大事に使い続けていたいです。
人も物も大事にしていきたいですよね。

キーボードの押してる感が良い!


これまで使っていた2016年MacBookは、めちゃくちゃうっすいキーボードで、ストロークがかなり浅いタイプでした。
それはそれで私は特に問題なくタタタ〜って感じで使っていましたが、何やら故障が多かったみたいですね。
今回のMacBook Airは、ストロークが1mmとなっていて、結構ガッツリ深く打ち込める感じになっています。
ストロークが深い方が手は疲れにくいらしいです。
記事を書いている時も、キーを押してる感があって心地良いような気がします。

Touch IDが最高!


MacBookを買い替えたことによってTouch IDが使えるようになったのですが、これ最高です。
PCをロックするのも、解除するのもTouch IDで一瞬でできる。
各サイトでいちいちパスワードの入力をする必要もないし、決済も一瞬できちゃう。最高。これ大好き。

バッテリー保ちが最強


M1搭載MacBook Airを使い始めて一番驚いて感動したのはバッテリーの保ちが超良いこと。
フル充電してから外出してネットしたり、ブログ書いたり、画像・動画の編集したり色々使っていて、全然バッテリーが減らないの!本当に感動しました。
最長15時間のワイヤレスインターネットと書かれていますが、本当に15時間ワイヤレスで使えました。
しかも、文章を書くことメインの使い方だと15時間以上も余裕で使えてすごい。
ブログを書いたり、普通にインターネットをする使い方だと2日に1回の充電で問題ない感じで、動画編集をした時でも減りが遅いので半日以上は保ちます。すごいよね!?

M1チップがすごい


専門的なことはわからないのですが、とにかくこのM1チップがすごいんだな!
M1チップのおかげでこれだけバッテリー駆動時間が伸びたのは本当にすごいと思うし、感謝でいっぱいだわ。
ファンレスで音もないし、全然熱くならない!これもM1チップのおかげなのでしょ?すごいわー

MicrosoftもAdobe系アプリも問題なく使える

M1チップはApple独自のプロセッサで、Intel向けに作られているこれまで使ってきたソフトウェアやアプリが使えなくなるかも!?ということも聞いてはいましたが、全然普通に使えます。
Rosetta2というエミュレーターが入っているのでほとんどは問題なく動くそうです。
私も、AdobeだとPhotoshopとIllustratorを使っていて、マイクロソフトはOffice一式を入れて使っています。
動きが重たくなるとか固まるとかっていうこともこの2ヶ月では1回もないので、そんなに心配はいらないかもしれないです。
とはいえ、一部のアプリでは動作が遅くなったりするそうなので、絶対使いたいアプリがある方はちゃんと動くかどうか調べてみてください。

M1搭載MacBookAir、超おすすめ

軽いし、薄いし、高パフォーマンスでバッテリー保ちも最高、そして最小構成で最安値だと11万台〜って、もうコスパが良すぎてやばい!
映像やデザインとかでバリバリ仕事してたりYouTuberとか、作業するのにPCが何台か必要っていう方以外は、Airで充分ではないかと思います。
今のところ、便利なことばかりで気に入らないことってなくて、とっても快適に使えています。
ここがいまいちだなんだよなーっていうところも書きたかったけど、ないものは書けないのでしょうがない笑
多分、私の使い方では、もしかしたらあるのかもしれない不便さが露呈しないかもしれないですね。大して使いこなせていないので。
でも、今後使っていてもし何か問題点が出てきた場合には、追記もしくは別記事にして書きます。

sapporiBLOG名義でのInstagramやTwitterもやっているので、いいねとフォロー、ぜひよろしくお願いします。
最近、昼間は危険な暑さなのでみなさんも気をつけてください。
私は最近、陽が落ちてやや涼しくなってきた夕方以降、夜にテラスがある自然を感じられる場所で作業をするのがとっても気持ちが良くて、気分が良くて、気に入っています。
1日の中でほんの少しでもほっとできる瞬間を大事にして、そのほっとできる瞬間を少しでも増やしていくと良いらしいですよ。
ではまた☆