wedding

長かった婚約指輪探しの旅。エンゲージリング迷子だった私が検討していたリングたちを紹介!!

先日のエンゲージリング記事で少し書きましたが、最初のプロポーズの後にすぐに試着しに行ったシャネルのカメリアが残念なことにとてもとても似合わなかったので、わたしはその後半年くらいエンゲージリング迷子でした。

出かけるたびにジュエリーショップに行ってみたり、ネットで探したり、ブライダル雑誌を読んでみたりとエンゲージリングを探す旅に夢中でした。

ジュエリーショップへは彼も毎回一緒だったのですが、あれもいいこれもいいで全然決められずひたすらエンゲージリング迷子の私によく文句も言わずニコニコ付き合ってくれたなーと思って感心する。

今回の記事は、私が実際に検討していたエンゲージリングの紹介をします。

結構な数のリングを見まくっていたので全部は紹介できないのですが、個人的お気に入り度の高かったものや周りと被らなそうで魅力的だったものなどを頑張って10点に絞り、紹介したいと思います。

実際に購入したエンゲージリングは別記事でまた紹介したいので除外します。

エンゲージリング探し

CHANEL(シャネル)

検討① カメリアコレクション エンゲージリング ピンクゴールド


やっぱり可愛い。ピンクゴールドなので実物は公式サイトの色味よりももっと濃いです。
センターのダイヤモンドは0.25カラットのみで、価格は¥577,800。
ダイヤモンドは小ぶりですがカメリアのセンターに留めてあるので大きく見えました。

検討② カメリアコレクション エンゲージリングプラチナ


プラチナならどうだ!っていう感じですぐさまプラチナも試着しました。
ピンクゴールドよりは似合う気がするけど、やっぱり私よりもっともっと可憐な感じの人に似合うと思う。
プラチナは、センターのダイヤモンドが0.25〜1.05まで選べます。
画像くらいのカラットだと¥3,052,080とめちゃくちゃ高額で気軽に手を触れられない緊張レベル。

検討③ リュバン ドゥ シャネル リング

フランス語で「リボン」を意味する名を冠した、「リュバン ドゥ シャネル」は、1932年にシャネルが初めてダイヤモンド ジュエリーを発表したときから、メゾンの代表的なシリーズ。
18Kホワイトゴールド、ダイヤモンド¥756,000

わかってる、絶対キャラじゃないのわかってる。
でもつけてみたかったこのリボンのリング!!
案の定私は似合いませんでしたが、フェミニン系の可愛らしい女性に似合いそうでした。
リュバンドゥシャネルリングは意外と安い価格で驚きました。
これが似合う人、羨ましい。

Tiffany(ティファニー)


エンゲージリングの定番ブランド、ティファニー。

ティファニーはみんな一度は見に行くブランドだと思います。
あのブルーボックス、超憧れるよね。
ずらっと並んだエンゲージリングはキラッキラで本当に楽しい。
リングのデザインも石の形や色も種類が豊富です!
価格はカラット数やグレードによって全然違うのですが、0.3カラットで大体50万くらいから。
キラキラと虹色に輝くティファニーのダイヤモンドはやはり綺麗です。

検討④ ルシダ


立て爪だけど定番のものよりシャープな印象です。
短い指とガッサガサ乾燥、全く写真映えのしない手で申し訳ないですが一応参考まで。

検討⑤ ハーモニーのゴールド


ハーモニーもティファニーのエンゲージの中で人気ですよね。
枠がフラットで石もそんなに飛び出していないので、立て爪だと日常生活で邪魔になりそうと思っている方にオススメだそうです。
一番最初に欲しいと思ったシャネルのカメリアのピンクゴーゴールドは似合わなかったけど、ゴールドいいなぁと思っていたので試してみました。
綺麗なんだけれど、やはりなんとなくプラチナのほうがキラキラ感を感じました。

MIKIMOTO(ミキモト)

ブライダル|MIKIMOTO – ミキモト

検討⑥ Mikimoto Mellia


ミキモトの定番エンゲージのエンゲージリングです。
日本の会社らしい丁寧で繊細な作り。
つけ心地がものすごく良くて、自分の手がなんだか綺麗に見えました!
このMelliaというリング、横向きのフォルムが超かわいいのです。

美しいよね!!りんごみたいでかわいい。
違和感のないつけ心地で上品、角が丸く作られているので馴染みが良かったです。
価格は20万から。

検討⑦ Mikimoto Mellia パール


MIKIMOTOといえばパール!!
エンゲージルングコレクションの中にもパールエンゲージがありました!
婚約指輪にパールってあまりなさそうで素敵。
店員さんがパールのエンゲージを持ってきてくれた時はビックリしました。
なんておしゃれなエンゲージなんだ!!
冠婚葬祭どんな時でも実用的で、ミキモトといえばパールというということもあり結構人気だそうです。
ダイヤモンドより落ち着いた印象のパールエンゲージは華やかさと上品さが別格でとても魅力的でした。p
価格は税込365,040円。

GUCCI(グッチ)

検討⑧ グッチ インフィニティ 日本限定 ダイヤモンド ホワイトゴールド リング


グッチのエンゲージとマリッジリングはどれもスタイリッシュでかっこ良いのです。
これは日本限定デザインだそう。
エンゲージっぽくないし、ダイヤモンドはキラッキラだけどカジュアルな雰囲気!
個性的なデザインなのであまり被らなそうなところと、普段の服装にも合わせやすいかなという点で気になっていました。
価格は¥561,600 (税込)。
グッチのマリッジもカクカクしていておしゃれで可愛いのがあった!!

Cartier(カルティエ)

検討⑨ 1895 SOLITAIRE RING(1895 ソリテール リング)


昨年価格変更があり少しだけ買いやすくなりましたね。
レッドボックス、かっこいいですよねー。
憧れている人も多いと思います。私も悩みましたカルティエ。
1895ソリテール、やばいです。
パヴェが素敵すぎる。
0.3カラットからで価格は¥564,570から!
素敵だなーと思って悩んだけどやっぱりこのゴージャスな感じは自分のイメージではないと感じ踏み切れず、カルティエには2回くらい試着しに行きました。
ブランドイメージもあるけど、デザインが全体的にすごくゴージャスで女性らしい素敵な人が、細くて長い綺麗な指につけているっていうイメージ。そしてきっとまつ毛もふぁさーっとしている勝手なイメージ。

銀座ダイヤモンド シライシ


【ダイヤモンドシライシ】もれなく3000円のギフト券プレゼント!
銀座ダイヤモンドシライシはネットで知ったのですが、デザインの種類がかなり豊富でHPが見やすい!
HPで好きなテイストから選択して検索ができたり、10万〜40万以上と幅広く設定されている価格帯からも検索ができるので探すのが簡単で便利!
予算が決まっているカップルや自分の好きなテイストやイメージが固まっている人は、サクッとリサーチできるのでおすすめ。

検討⑩ Bouquet セットリング


最近はこういうまーるいデザインがすごく人気らしいです。
リングが結構華奢なのでセンターのダイヤモンドも大きく見えます!
華奢リングもかわいいなぁと初めて思ったのがこのBouquetが最初でした。
普段使いもしやすそうだしどんなシーンでも合わせやすそう。
個人的にはEteのハーフエタニティの方が好みで、重ね付けしたり使い分けしたり楽しみ方いろいろできそうでした。
価格は、婚約指輪が¥340,000~、結婚指輪は女性用が¥134,000、男性用は¥107,000!ハイブランドのエンゲージとほぼ同じくらいで3点全部が揃うって超魅力的ですよね。
しかも、ネットで予約してから行くとギフト券くれる!!
常にやっているキャンペーンでなのかわからないけれど私の時も一応もらえる期間がありました。

今は3月21日までのネット予約と初来店で3000円のギフト券がもらえるみたいなので予約して行ってみてください。
成約特典もいろいろつけてくれるみたいなので気になる方は公式ホームページを見てみてください↓


エンゲージリング選びのポイント!

試着は必須

気になったリングがあったらとりあえず全部つけてみてください。
並んでいるリングを見ている印象と、実際に自分で身につけた時の印象が意外と違うので試着は必須だと思います。

一人でもいいけどできれば誰かと一緒に行ったほうが良い

自分の好きなものを選ぶのだから一人で行って一人であれもこれもって試着しまくるのも楽しいですが、やっぱり客観的に感想を言ってくれる誰かと一緒に行けたほうがいいと思います。
自分が思う自分と、誰かから見た自分は結構ギャップあるんですよね。

予約をしてから行く

エンゲージリング迷子になってみて気づいたことですが、ジュエリーショップに行く前に予約をしてから行くと良いです。
何が良いのかというと、まず店員さんが準備して待っていてくれるのでスムーズにエンゲージリング選びに入れます。
「いろんなタイプのリングを試してみたい」とか「店員さんからの説明やお勧めなどを聞きたいしちゃんと接客してほしい」という人は絶対来店予約をしてから行った方が満足度の高いエンゲージリング選びができると思います。
逆に、接客はできるだけされたくないよーという方もいるかもしれないですが、接客はすごく重要です。
一生に一度しか購入することのないであろうエンゲージリング、しかも高額!
ブランドごとにコンセプトがあって、歴史があって、一つ一つの商品に対してのストーリーや想いがあります。
しっかりじっくりそのブランドのアピールポイントを聞いて見て触って、ブランドの世界観を堪能してみてください。
ブライダルジュエリーだけのことではないですが、購入して終わりではありません。
アフターケアを含め、そのブランドさんとのお付き合いは今後ずっと続きます。

写真撮影に要注意!

色々試着してみてパシャパシャ写真を撮って、デザインや価格なども合わせて他のショップのリングともじっくり比較検討したいですよね。
そりゃそうなんですよ、高額な買い物だし一生身につけるであろうリングを購入するんだもの。
でも、写真撮影NGのショップが結構多いんです。
もし写真を撮りたいと思った場合は店員さんに聞いてOKをもらってから撮るようにしましょう。
なので写真OKなショップ以外は、何回か店舗に行ったり品番を控えてもらったりして、PCで調べた画像を見ながら検討したりしていました。
カルティエとかはよくブログで試着レポしている人もいたので大丈夫と思っていたら店舗でNGと言われてしまって撮れず、残念でした。
購入決定のリングや、購入後受け取りに行った時に撮るというのは結構どのショップも写真OKでした!
ショップによっていろいろルールがあるようなので、気になる方は直接担当店員さんに聞いてみると良いと思います。
同じティファニーでも店舗によって良いところとダメなところがあったので店舗ごとに確認した方がいいと思います。
私が検討していたエンゲージリング10点、いかがだったでしょうか。
エンゲージリングを探しているプレ花嫁の皆様にとって参考になることがあれば嬉しいです。
皆さんも運命のエンゲージリング探し、思いっきり楽しんでください!!