映画

映画『犬に名前をつける日』を観てきました。自分には何ができるだろうかと考える。

2015年10月31日(土)からシネスイッチ銀座で公開されている映画『犬に名前をつける日』を観に行ってきました!
山田あかね監督の実体験を小林聡美さんが演じ、主人公を取材するという形式で撮影されているドキュメンタリー映画です。
犬や猫に対する監督の気持ち、それを演じる小林さんの演技力、捨てられた犬や捕獲された猫など日々命を救い動物たちの為に懸命に活動する保護団体の方達の姿勢が胸を打つ作品です。
映画上映中、いたる所から聞こえるグスグス音が、この現代の日本という国で生きる犬猫たちの現実をしっかりと見た人たちの気持ちを表していました。
胸をぎゅううと締めつけられているような感覚で、涙をこらえながら観ていて、日本の犬猫達の事や今の自分にできる事は何かという事を、私はずっと考えていました。

映画『犬に名前をつける日』

あらすじ

愛犬・ゴールデンレトリーバーのナツを重い病気で亡くし、傷心のテレビディレクターの久野かなみ(小林聡美)は、何をしようにも気力が湧かない。
そんなとき、大先輩の映画監督渋谷昶子さんに「悲しむ暇があるなら、犬の映画を撮れ」と励まされ、犬の命をテーマにした映画を撮り始める。
飼い主のいない犬と猫は、「動物愛護センター」で一定期間保護され、飼い主や引き取り手が見つからなければ殺処分されてしまう。かなみは、センターで殺処分される犬猫や、2011年の東日本大震災後、福島の原発20キロ圏内に取り残された犬猫の姿を目の当たりにして大きなショックを受ける。
しかし、取材するうち、過酷な状況から一頭でも多くの命を救おうとする人たちと出会う。
映画『犬に名前をつける日』公式サイト

キャスト

久野かなみ(小林聡美)

行き場のなかった犬たちが新たに出会った人たちと支え合いながら生きている姿を見て、犬と人のつながりにもいろいろな形があることを知る。
「嘆くだけでなく、自分でできることをしよう」そう気づいたかなみは、ある決心をするのだった。
映画『犬に名前をつける日』公式サイト

前田勇祐(上川隆也)

離婚して10年になる元夫。
「自分たちの役目はそれを撮って伝えることではないか」とかなみを励ます。
映画『犬に名前をつける日』公式サイト

ちばわんの皆さん

ちばわん」は、千葉県を中心に愛護センターに持ち込まれた犬や猫の里親捜しをする保護団体。
代表の扇田桂代さんは、崩壊したブリーダーの店から46頭の犬を救い出したり、被災地の犬猫に無償で不妊去勢手術を行っている。
副代表の吉田美枝子さんは、毎週愛護センターに通い、2015年までに5000頭の犬と猫の命を救ってきた。
映画『犬に名前をつける日』公式サイト

犬猫みなしご救援隊 代表・中谷百里さん

広島に本拠地を置く「犬猫みなしご救援隊」は、シェルターを構え1000頭以上の犬と猫を保護している。
震災後には、福島の原発20キロ圏内から1400頭の犬猫を救い出した。
「人間のエゴで動物を殺すのは間違い。助けられる命は全部救う」
映画『犬に名前をつける日』公式サイト

予告


「犬に名前をつける日」予告編 – YouTube

感想

犬猫達と人間の現実をそのまま映した内容で「ハチ公物語」や「犬と私の10の約束」などのいわゆる泣ける映画としてのくくりには入らない作品です。
観に来ていた人たちはきっと、動物が好きで実際に飼われていたり、保護活動を行っている人もいるかもしれない。
泣いている人はたくさんいたし、自分も泣いたけど、「観てただ泣く」だけでは終わりにできない。
それではこの映画の意味がないような気がする。
現実を見て、自分はどうするかが重要だと非常に考えさせられる映画でした。
「自分には何ができるだろうか」と観た人それぞれが考え、「自分にできる事をしよう」と行動することがすごく大切だと思います。
私は、犬に限らず動物が大好きで、子供の頃から犬やアヒル、ハムスターやうさぎ、鳥、亀、金魚とか様々な動物と共に生きてきました。
大人になった現在も動物は好きです。
かわいい2匹の愛犬と彼と家族として共に生きていて、トリマーと愛玩動物飼養管理士という資格を持っています。
私は、トリミングサロンやドッグカフェ、そして保護活動を行いたいと思っていて、そのための勉強をしたりしながら日々、犬と人間の生活にとって自分達が貢献できることは何かとあれこれ考えながら暮らしています。
そんな時に観たこの映画は、考えさせられることが本当にたくさんあり、今後の私にとってかなり重要な機会だったと思います。
自分の考えを深め、多くのことを見て体験して学び、動物たちのために自分ができることを実行しようと改めて強く思いました。
犬猫好きな人は、犬猫好きだからこそ是非、観てみてください。
ただただかわいい動物たちを、住む場所がないから、家族がいないからって、なぜか人間が殺して排除してるんだよ。
人間の子供とか、身寄りのないお年寄りとかが国に殺処分されていたら、他の人間はどう思うの?
それって仕方ないことなの?
おかしくない?
人間の方がちょっと手先が器用で、ちょっと道具を使えて、他の動物をあっさり殺せるからってさ、ふざけんなよって話。

犬に名前をつける日

犬に名前をつける日
この記事で使用されている写真は映画『犬に名前をつける日』公式サイトでのスクリーンショットです。