セミナー

モレスキンのトークイベント「あなたの人生の物語を創る手帳」に参加してきました!伝説のノートを自分なりに使いこなす!

12月6日に渋谷LOFTで開催されたモレスキンのトークイベント「あなたの人生の物語を創る手帳」に参加してきました!!
ゴッホやピカソが愛用していたと言われているノートを再現した「伝説のノート」と呼ばれるモレスキン。
3千円台というノートにしては値段が高く、形も独特でなかなか手を出しにくいと思っていませんか?
様々なノートがある中でなぜモレスキンを選んだのか、モレスキンを使っていない人にとってはかなり謎だと思います。
でも、一度使い始めると他のノートには戻れない使いやすさと書きやすさがあり、他のノートでは生まれない感情がわく不思議なノートです。
トークイベントではモレスキンで有名な3名の方が登壇し、使い方や活用法、モレスキンへの思いなどを語ってくれました。
モレスキンに書くことで人生を創るのか、モレスキンを使うことで人生が創られていくのか、結局、モレスキンを使っている人は、人生とモレスキンは常に一緒ということ。

モレスキン

Moleskineは、豊富な種類のノートブック、ダイアリー及びシティガイドを総括したブランドです。日常的にも、特別な時にも使える、自由で、驚くほどシンプルなツールであり、最終的には、個性の重要な一部になる。
Moleskineブランドは1997年に生まれ、過去2世紀にわたり、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミングウェイ及びブルース・チャトウィンという名だたるアーティストや思想家に愛された伝説的ノートブックを甦らせた継承人です。
旅のお供にぴったりな、頼れる存在このノートブックは、有名な絵画や人気小説が世に出る前の貴重なスケッチ、走り書き、ストーリーやアイデアを記録してきたのです。
モレスキン・ノートブックは、今日のクリエイティブで想像力に富んだプロフェッショナル達のパートナーです。
ウェブサイト、ブログ、オンライン・グループ,及び バーチャル・アーカイブなどのネットワークを通じて、デジタルな世界とも密接なつながりを持つモレスキンは、世界中において現代の放浪的ライフスタイルのシンボルとなっています。

モレスキン ギャレリア


渋谷ロフトにてモレスキンの国内最大級ポップアップストア『モレスキン ギャレリア』が期間限定でオープンしています。
11月25日〜12月27日までの期間限定で、国内展開しているすべてのモレスキンを見て購入することができます!
写真の一番手前に写っている受付のような場所は、本日購入のモレスキンにその場で名入れをしてくれるサービスを行っているカウンターになっています。
モレスキンの裏側のような刻印で、自分の名前を入れられるなんて超胸熱。
カウンターの後ろをスタスタ歩いて行くのは、モレスキンが大好きな私の彼です。笑
このモレスキンギャレリアで、5000円以上のお買い物をした場合、オリジナルのプレゼントラッピングをしてもらえます。そして、クラシックバッグを買うとラージサイズのノートがもらえる!!
太っ腹すぎるよね!

ギャレリアでモレスキンのステッカーをもらったよ!!


超かっこいい!!モレスキンにモレスキンって貼りたい。手帳や携帯、PCにも貼りたい。
表面の素材がサラサラしているのも好き。
でも使うのがもったいないような気がしてとりあえず保管。

トークイベント「あなたの人生の物語を創る手帳」


渋谷LOFTモレスキンギャレリアの開店を記念して、世界でも珍しいモレスキンの専門書「モレスキン 人生を入れる61の使い方」の著者3名が合同イベントを開催するということで、チケットを入手し参加してきました!

登壇者紹介

  • 中牟田洋子さん(右):モレスキンのファンサイトである「モレスキナリー」の管理人。著書には『モレスキン「伝説のノート」活用術』『モレスキン 人生を入れる61の使い方』があります。http://moleskinerie.jp
  • 高谷宏記さん(中):狩猟者でヒッピー。199人のライターによるノートブックユーザーサイト「Notebookers」の管理人。http://notebookers.jp
  • 堀 正岳さん(左):ブログ「Lifehacking.jp」の管理人。[L] Lifehacking.jp

人それぞれの使い方


3名の方がそれぞれ自分のモレスキンの使い方を見せてくれて、いかにモレスキンが使いやすいか、いかにいろんな使い方ができるかをお話してくれました。
その中でも素敵で真似したいなと思ったのは堀さんのモレスキン。
実は北極気候変動の研究者だという衝撃の本業をお話しされていたのですが、堀さんは写真を印刷して貼りつけ、その瞬間瞬間の出来事や感情を書いていました。
どんなことを書くにしても、写真を張り付ければ文字だけのモレスキンよりもわかりやすいし、後で読み返した時もその時の出来事をより鮮明に思い出せる気がする。
中牟田洋子さんのモレスキンの使い方も素敵でした。

海外の美術館などではわりとOKな写真撮影も、日本ではNGであることが多いことから「好きだと思った作品の形や年代を自分がわかるようにモレスキンに描いて記録と記憶に残しておき、後で調べる」というのは、確かに!と思った点です。
私も美術館や展示会で、パシャパシャ写真を撮って怒られたことがあるので参考にしたいです。

最新情報

モレスキンから初めて日本の手帳が販売されるそうです!
すべて日本語で書かれていて、ちゃんと祝日も書いてあるやつ!!しかも薄かった!
イベント参加者みんな「おぉぉぉ〜」っていう感じで興奮でした。
モレスキンの公式Facebookでは既に発表されており、詳細は公式サイトのプレスリリースからPDFで見られます!
モレスキンの日本語ダイアリーを待っていた方は要チェック!!

イベントで頂いた超豪華なプレゼント!!!


イベントが始まる前からずらっと並んでいたこの大きな袋。
あれプレゼントかな?もらえるのかな?どうなのかな?ってね、気になって気になって仕方なかったんですよ!!笑
やっぱしもらえたよー!
帰りに参加者全員プレゼントだよー!!超太っ腹〜うれしー!!!
受け取った瞬間、ずしっとなかなかの重量を感じたときからもう嬉しくて嬉しくて開けるの楽しみで!!!

中身はこちら!!

  • モレスキン ウィークリースケジュール+ノート ダイアリーXL(左)
  • モレスキン プロフェッショナル ノートブック ラージサイズ(中)
  • モレスキン クラシックローラーペン プラス 0.7mm (中上)
  • モレスキン Livescribe ノートブック ラージサイズ(右)

ノート3冊もくれるなんて本当に驚いた!!
1冊3千円以上のノートが3冊、しかも、新色のペンまで入っている!
頂いたプレゼントの金額は1万円を余裕超え。
びっくりですよね!無料イベントですよ!?
モレスキンユーザーに対して、まさに神対応ですばらしすぎる。
もう大好きだよモレスキン!
ただ、Livescribeノートブックは、専用のペンがないと使えないのでちょっと残念!
Livescribeノートブックは、Evernote、Adobeに続くデジタル×アナログ第3弾で専用のスマートペンで書き込んだ手書きの内容をデータ化、専用アプリを通じてiPhoneやiPadなどのデジタルデバイスに保存したり画像を入れたり出来る。
これに関してはモレスキンというノートのアナログと、現代のデジタル化の両方で活用していきたい人にはとても魅力的な商品だと思います。
公式サイトに詳しい説明と動画なども載っていたので、気になる方はチェックしみてください!

一番嬉しかったプレゼント


何と言ってもこの新色のペン!!嬉しすぎる!
最近はよくモレスキンペンの黒いものを使っていたんだけど、インクがなくなってから使っていなくて!
今まで使っていたのは0.5だけど今回頂いたのは0.7でかなり太い!
でもさすがモレスキンペン。
インクの出が信じられないくらい良くて書きやすい!
えんじ色が可愛い!
今は白いモレスキンを使っているのでペンの色も映えてぴったりだわ!

イベントの感想


行ってよかった!!プレゼントをもらえたことが本当に嬉しかったです。
いろんな人の使い方を見て聞いて知ることは、モレスキンの使い方の幅を広げてくれるし、アイディア次第で可能性もきっと未知数だと感じた。
モレスキナリーを運営している洋子さんを実際に見て話を聞けたことも良かった!
自分にとってとても良い刺激で、もっと頑張ろうと思った。
私のモレスキンの使い方は、何を書いてもいい雑記としての使用です。
字を書くことが好きなので、日記として書くこともあれば、メモとして書くときもある。
その起きた出来事や自分が思っていること、日々考えていること、今後のプランなど本当にいろいろ書いています。
私のこのブログのテーマでもある、「好きなことを好きな時に好きなように書く」という行為のメインになっているのは確実にモレスキン。
モレスキンには本当の自分が詰まりに詰まっている。
仕事用のメモ帳にはモレスキンのソフトカバーでプレーンのものを使っています。
表紙を折りたたんで片手で持って書けるのでソフトの方が使いやすくて便利です。
プレーンには線がないので、さっと書けるし字が曲がっているのとかもあまり気にならないのでオススメ。
決まった使い方なんてないし、どう使っても良い。
モレスキンじゃなくてもノートや手帳ってそういうものだけど、ずっと保管しておきたい場合は絶対モレスキンがいいと私は思う。
見た目や質感、書き心地が好きなのは大前提として、ハードカバーがかなり丈夫で2〜3年同じノートを持ち歩き使っていても全然ヘタらない。
何か貼ったりしてノートがどんどん分厚くなっていっても平気。
今現在使っているモレスキンと予備のモレスキン、今回いただいたモレスキンも合わせると、私と彼の合計でうちには10冊以上のモレスキンがあります。すごい。

写真は撮っていないですが書き終えたものもたくさんあるし、笑ってしまうくらい本棚がモレスキンだらけ。
それも含めモレスキンが好きです。
今回イベントに参加させていただいて、さらにモレスキンが大好きになりました!!!
モレスキンが気になった方は是非一度、使ってみてください!
人生のお供にモレスキン。オススメです!