wedding

【ブライダルフェア③】ルシェルブランの試食付きフェア!一軒家貸切でナチュラルウエディングが叶う!!

ブライダルフェアレポート3会場目は、表参道にあるとってもおしゃれなゲストハウス。
『Le Ciel Blane(ルシェルブラン)』の試食付きフェアです。

ルシェルブランはいろんなブライダル情報サイトに掲載されているので気になっている人も多いのではないかと思います。

表参道で交通の便も良く、緑がたっぷりでナチュラル、おしゃれでカジュアルなウェディングをイメージしていたのでブライダルフェアを探し始めた当初から第一候補の会場でした!

Le Ciel Blane(ルシェルブラン)


一軒家貸切ウェディングだからアレンジ自由自在!

表参道・キャットストリート沿いに佇む緑豊かな一軒家。
そして、雰囲気のあるエントランスを抜けて上層階に上がれば、そこは自然光と緑に包まれた寛ぎの空間が広がります。
プライベート感に包まれ、ナチュラルで白に統一されたゲストハウスではコーディネート、演出、挙式やパーティの内容までふたり次第。
白いキャンバスに色を重ねるように素敵な空間をアレンジすれば、ふたりの特別な一日は一段と輝きを増して行きます。

緑と光が溢れ、開放的なチャペル


白を基調としたフロアでガラス張り。
開放的!!
緑も多いし都内なのに高い建物がそこまで見えず青い空が見えるというチャペルがとてもよかったです!!!
外に見える鐘も素敵ですよね。
陽の光がたっぷり入ってくるので新郎新婦が立つ場所は明るくて綺麗です。

アイテム持ち込みALL無料

ルシェルブランの最大の魅力は、アイテムの持ち込みが無料というところ。
自分達のこだわりのものを使ってイメージ通りの空間を作りたいというカップルにはぴったりです!
会場にもおしゃれなアイテムが多数設置されていて、どれも可愛い買ったので持ち込みしなくてもいいのでは?と思って聞いてみたのですが、会場にあるもののレンタルも可能とのこと。
レンタルする場合は無料・有料それぞれあるそうなので、どのアイテムを持ち込みするかという部分に関してはわりと細かく会場に確認してみるといいと思います。

チャペルの天井にある大きなシャンデリアも可愛かった。
太陽の光でキラキラしていたのがほんと素敵。

チャペルのガラス張りの外にも出られます!!
挙式の後は屋上に出て鐘を鳴らすんだそう。
うん、素敵。

鐘を鳴らした後はフラワーシャワーやバルーンリリースなど演出は自由に選べ、鐘の右側には可愛いフォトスポットもあるのでゲストと写真を撮ったり会話を楽しんだりできます!

左側には階段があり、披露宴会場へと繋がっています。
挙式後は新郎新婦もゲストと一緒にみんなでそのまま披露宴会場になだれ込む感じでパーティが始まってもいいし、ゲストだけ先に降りて入場を外からすることもできます。

披露宴会場はテラス付き

チャペルと同じく開放的です。

披露宴会場に併設されたテラスで行うグリル演出はゲストも大盛り上がり!
シェフがその場で焼き上げるメイン料理はゲストも大満足の一品。

新郎が行うグリル演出や二人からゲストに手渡しできるデザートビュッフェなど自分たち次第で楽しめます!
ゲストとの距離が近い会場作りができるので、アットホームなパーティを行いたい場合はとても良いと思います。

「これを使いたい!」「ここはこうしたい!」など自分たちの結婚式のイメージがすでにできていれば見学中にもどんどん膨らんでいくと思います。

試食


左側がお魚、右側がお肉、パンとドリンクです。

私たちはお料理も重要視していたので試食付きフェアをメインに探していました。

自然光が素敵なチャペルとアットホームにできそうな披露宴、おしゃれな結婚式ができそうだなぁとルシェルブランに対して好印象でした。

なので試食もすごく楽しみでした。
が、しかし。お料理が微妙すぎました。

あくまでも私個人の好みでの感想でしかないのですが、お肉は固く、お魚は臭みがあって完食できず、パンも固くて食べにくかったのです。

お魚が完全に無理でした。

私がもともと魚介類を好んで食べないというのも大きいと思うのですが、新鮮な魚介類は問題なく美味しく食べられます。

回転寿司は食べられないけれど目の前で握ってくれるお寿司は食べられる。

主人は美味しく食べていたので私がお魚の臭みに対して敏感すぎるのかもしれません。

ルシェルブランのブライダルフェアへ行った感想

結論から書くと、会場決定には至りませんでした。

理由を一つずつ書いていこうと思います。

1.お料理が合わなかった
上記の通りなのですが、自分が美味しいと思えないのでやっぱりここで結婚式したいとは思えなかったです。
自信持って「美味しいお料理楽しんでね」と言えない。
素敵なチャペルだっただけに非常に残念でした。
やはり試食は必須!!
できるだけ試食付きのフェアに行ったほうが良いと思います。
契約して準備が進んで人数も決まってさぁお料理を決める!っていう段階になって初めて試食するとなると、好みでなかった場合間に合わないと思う。
なので実際にフェアに行って試食してみてから会場を決めたほうが良いです。

2.若者向けの雰囲気
ルシェルブランは自由度高めで緑も多く、ナチュラルでアットホームな結婚式ができるしで価格も低め、しかも一軒貸切という素敵な会場でとても魅力的。

しかし、ちょっとカジュアルすぎやしないだろうか?という不安。

同年代のゲストだけであれば一軒家貸切なので、結婚式というよりパーティ気分で楽しく過ごせるかもしれません。

でも、両親や祖父母達など高齢のゲストにとっては動きづらかったり居心地が悪いかもしれないと思いました。

縦に長い建物なので階段が多いし狭いのです。

エレベーターはあるけれど狭いので少人数でしか乗れないのでもし車椅子やベビーカーのゲストがいる場合は混雑しそうだし多分不便。

3.対応
見学を担当してくれたプランナーの方がフランクすぎる気がして違和感を感じました。
友達じゃないんだからっていう微妙な空気。笑
最初からグイグイくる感じとサバサバした雰囲気は感じていて、「ん?」と思う話し方が多かったように思います。
私自身、接客業が長かったので接客に関して結構厳しく見てしまうのですが、そういうところも若者向けかなと思う部分でもあります。
結婚式当日に私たちのためにわざわざ来てくれるゲストの方々にどんな接客をするのかという部分も大事だと思います。
フェアに行った際はスタッフの対応も要チェックです。
ゲストハウス貸切で結婚式をするのっていいなぁと思っていたし、会場自体は好みで素敵だっただけに残念な気持ちが私はとても強かったです。
見積もりに関してはウェディング情報サイトに載っている通り他の会場より断然安くて200万いかないくらいでした。
こだわりアイテムをたくさん持ち込みしたい人、アットホームでカジュアルなウェディングがしたい人、気さくなプランナーさんがいい人、おしゃれだけど費用を抑えたい人に向いているのではないかなと思います。
気になる方はブライダルフェアに行ってみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA