映画

宮沢りえ主演映画『紙の月』を観てきました!!

11月15日から公開されている『紙の月』を観てきました!!
絶賛公開中なのでネタバレ無しです!!

『紙の月』

あらすじ

1994年。梅澤梨花(宮沢りえ)は、子どもには恵まれなかったものの夫(田辺誠一)と穏やかな日々を送っている。契約社員として勤務する「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上(近藤芳正)からも高評価。支店では、厳格なベテラン事務員の隅より子(小林聡美)や、まだ若くちゃっかり者の窓口係・相川恵子(大島優子)ら、様々な女性たちが梨花と共に働いている。だが一見、何不自由のない生活を送っている梨花であったが、自分への関心が薄く鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある夜、梨花の顧客で裕福な独居老人の平林(石橋蓮司)の家で一度顔を合わせたことのある孫の光太(池松壮亮)と再会した梨花は、何かに導かれるように大学生の彼との逢瀬を重ねるようになる。そんな中、外回りの帰り道にふと立ち寄ったショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円だった。銀行に戻る前にすぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋に戻したが、これが全ての始まりであった。学費のために借金をしているという光太に梨花は「顧客からの定期の申し込みがキャンセルになった」と200万を渡す。さらに顧客から預かった300万を自分の通帳に入れ、自宅で定期預金証書や支店印のコピーを偽造する……。やがて横領する額は日増しにエスカレートしていくのだった、上海に赴任するという夫には同行せず、梨花は光太と一緒に高級ホテルやマンションで贅沢な時間を過ごすが、光太の行動にも変化が現れ、ある日、光太が大学を辞めたことを告げられる。そんな折、隅が、銀行内で不自然な書類の不備が続いていることを不審に感じ始めていた……。

予告

吉田大八監督

吉田大八監督は、私の好きな映画のひとつ『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の監督です!!
観た!?
まだ観ていない人早く観て!マジで観て!最高だから!!
最近の映画では『桐島、部活やめるってよ』が話題でしたね。うんうん!
私、吉田監督映画のキャスティングがね、大好きです。
えー!このキャスティングー!?ってほとんどの作品で最初は少し抵抗があるんですよ。
でも映画を観ていると、この役ってこの俳優にぴったりだなーと心から思う。
それまでのその役者の一般的なイメージを覆すというより崩壊させるような感じで役者それぞれの何かを引きずり出して映画を作っている気がする。
人間らしい欲望がたっぷりで、どろどろしていて悲しくて、でもどこか優しくて、作中の人間にどんどん引き込まれていく作品が多いと思います。ほんと好きです吉田監督!

キャスト

梅澤梨花(宮沢りえ)

な主婦から横領犯に変貌していく梅沢梨花を演じたのは、7年ぶりの映画主演となった宮沢りえさん。
観ていてイライラする程、完璧に梅澤梨花になっていました。
7年ぶりに映画主演で話題になっているけど、そのこと以上に話題になるべきことは宮沢りえさんの素晴らしさがなんか、解放されたこと。

平林光太(池松壮亮)


梨花と不倫をする年下の大学生。
やけに甘ったれーな感じで喋る感じ。
いかにも年下の彼っていう純粋さと残酷さを感じました。

相川恵子(大島優子)


無邪気でつかみどころのない小悪魔的存在の相川恵子を演じたのはAKBを卒業してから初めてとなる映画出演の大島優子。梨花が横領をするきっかけにもなるキーパーソン。
大島優子のよく言えば親しみやすく、少し厳しく言えば「ありきたり」な演技もこの映画のみどころなのかなと思う。
大島さん可愛くて、これからの役者としての仕事も気になりますね。

隅より子(小林聡美)


勤続20年以上のベテラン。
これ以上ない圧倒的存在感と演技力の小林さん!梨花を追い詰めていく役なんですが、モラルの塊的発言連発です。しかしモラルの塊でありながら、梨花と自分との間に共通点があることを感じていっているようでした。
終盤では梨花のふとした言葉によって梨花と隅さんの中を同じ風がすぅっと通ったような爽やかさを感じました。

梅澤正文(田辺誠一)


梨花の旦那さんです。私は昔から田辺さんのお芝居が結構好きです。役によって全然雰囲気も表情も違うこの感じ、たまらないですよね。田辺さん自身がどんな人なのかわからないからゾワゾワするんですよね。
しかし最近、絵の才能が開花したことで田辺画伯として話題になっていましたね。
「紙の月」では非情で、困った旦那さんでした。
言葉が足らない夫婦だなという印象がありましたが、夫婦ってこう他人とは全然違うんだろうし、なんか、難しいんでしょうね。

井上佑司(近藤芳正)


次長役の近藤さん。井上次長がいい味出してました。
劇中のヘアはカツラなんですってー。
カツラなんてつけなくてもいいのにー。

みどころ

私の思う『紙の月』のみどころは、宮沢りえさんの大胆な濡れ場と、豪遊シーンかな。
観ていて恥ずかしくなるほどきゅんきゅんなベッドシーンと、わぁーと羨ましくなる豪遊ぶりでした。
梨花が光太と一緒に居る時の笑顔は、きっと、梨花の人生の中で最高に楽しくて幸せな時の笑顔なんだろうなと感じました。
冷たい空気の中を駆け抜けていくシーンもすごく印象に残っています。
ここはかなり吉田監督ぽい雰囲気満載のシーンで、超素敵な映像でした!

感想

一言で言うと、自分の中のいろんな価値観が壊されていく映画でした。
愛と金、欲望に歯止めが利かなくなったアホな横領犯なはずだけど、ただ単に横領しただけではない。
決して共感はできないけれど法律や善悪、考え方、価値観が自分の中で確立してしまっているだけで、梨花の信念を考えた時に、はたしてそれは罪だといえるのか。っていうループ。
観る人によって全く違う受け取り方のできる映画だと思ったので、他の人の感想にも興味があります。
「与える事こそ幸せ」多分間違ってはいない。誰かの幸せを願って募金活動をしたり、困っている誰かのために自分ができる事を精一杯したり。無条件に何かを愛し、見返りを求めずにただただ与える事ほど素敵な行為はないかもしれない。
しかし、本当に見返りを求めてはいないのか、そしてその「与えるもの」は自分に無かったものの場合何としてでも手に入れなければならないものなのか。
誰かの幸せを願っていて「与えたい」から誰かの幸せを奪い「与える」というのは与える事だけに執着していて、与える手段はどうでもいいのだろうかという疑問が残る。
やたらと疾走感のある、ある意味ダイナミックな映画でした。
主人公の梅澤梨花を宮沢りえさんが演じることで、梨花の脆さと繊細さが際立ち、朝の欠けた月と同じように寂しさと儚さが悲しくて、真の自由を求めながら破滅に向かってどんどん堕ちていくのに、なぜか透明感のある美しさが増していくというなんとも不思議で魅力的な横領犯の撮り方、演じ方がとても良かったです。
『紙の月』という映画は、ただ単に観ただけではなくて、「観た後の感情をそのまま家に持ち帰ってしばらく考えるという行動ができること」に感動したし、改めて映画を観る意味や価値を感じました。
BGMもよかったです。
映画としてはとても面白かったのですが、個人的には不倫とか大嫌いです。
犯罪は犯罪でもさ、横領はお金だから別にいいけど、不倫は犯罪の中でも最悪だよねと思うし、不倫なんて気持ち悪いことすんなよって思う。
旦那もしくは奥さん意外と恋愛したいなら離婚してからすればいいのに、家庭家族そのまま普通に生活してるのに外で知らないやつとイチャコラするわけでしょ?
それは恋愛じゃなくてただやりたいだけだからそうなるんだよね。いくら綺麗事を言っても、ただやれればいい、ばれなければいいから、内緒で、嘘ついて、こっそりやるわけだよね。
ふざけんなよって話ですよね。
反吐が出るわ。
とまぁ、私の感想はこんな感じで終わりにしておいて、笑
映画『紙の月』みなさんもぜひ観てみてください!!

私の好きな『腑抜けども悲しみの愛を見せろ』もぜひ観てみてね!!