未分類

KIRIN 世界のKitchenからのとろとろ桃のフルーニュを飲んでみた。

どうもこんにちは。「世界のキッチンから」が大好きです。
世界のキッチンからの「とろとろ桃のフルーニュ」を飲んでみました!!
桃とマンゴーをとろとろ煮込んだという「とろとろ桃のフルーニュ」は、とてつもなくきゅんと幸せな気分になれる極ウマジュースでした!!!

とろとろ桃のフルーニュ

2008年に販売されていた

最初の販売はなんと2008年だそうです。
6年も前に販売されていたなんて知らなかった!新発売かと思った!
世界のキッチンからシリーズ全23商品中の3番目に登場した「とろとろ桃のフルーニュ」は、「もう一度飲みたい」というファンのリクエストが多かったため、2014年9月30日からの再販が決まったそうです。リクエストしてくれたフルーニュファンの方々ありがとう!
サッポリはこんなに美味しいジュースに出会えたよ!!

フルーツスープ


レストランでは、夏場に冷製スープとして登場しますが、果物が豊富に実るハンガリーの家庭では、サワーチェリーや桃、木いちご、プラム、アプリコットなど、果樹園で採れた季節の果物でスープを作り、夏は冷やして、冬はあたたかいままで、一年中フルーツスープを楽しむのだそうです。
日本の味噌汁のように、お母さんの味があるフルーツスープ。そのおいしさの秘密を探しに、家庭のキッチンにおじゃましました。

ハンガリーは果物が豊富で、ハンガリーのお母さんは季節の果物を煮込んで甘みを引き出し、サワークリームなどの乳製品を加えてフルーツスープを作るんだそうです。
フルーツスープって食したことがないんだけれども冷やしても暖めてもいいしおいしそうだし、一年中いろんなフルーツスープを楽しめるってハンガリー超素敵!
イメージ的にはフルーツヨーグルトドリンクみたいなものだと思ったけど、日本の味噌汁的な位置にあるなら主食と一緒にってことで甘いデザートなわけではないんですね!
フルーツスープ、朝食としてもものすごくいいんじゃなかろうか!!

飲んでみました


ボトルはかなりスリムで手にすっぽりサイズです。スリムなので容量は320mlとだいぶ少なめ。飲むのがもったいない。笑
価格は100円ローソンで購入したので税込108円でした。
パッケージの可愛さも世界のキッチンからの特徴ですよね。どれもかわいいパッケージで見た目もすごく好き。
クリーム色でとろっとしているので、飲むフルーツヨーグルトみたいです。
ピーチの香りがふわぁーっといいにおいー!!
味は、やっばいこれとろとろ超美味しいやばい!!!っていう感じで一気にテンションが上がりました。
マンゴーよりピーチの方が強めだと感じました。
想像していたよりさっぱりとしていて甘酸っぱさがとてもいい感じ。
食べごろの桃にかぶりついた時みたいなファーストインパクト。
甘酸っぱくてとろとろで、なぜかサッポリは胸がキュンキュンしましたね。
濃厚すぎてジュースというよりはデザート感覚。
コンビニスイーツ枠ですよ。
非常に美味しかったです。しあわせ。