セミナー

「お金の教養講座」を受講してお金の仕組みを学んできました!!

先日、ファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座という無料講座に行ってきました。
最初は、学校の営業セミナーだろうという軽い気持ちだったのですが、意外にそんなことはなくて、だんだん真剣に聞き入ってしまう内容でした。
学校への勧誘的なものも一切なし!!
2時間、楽しくお話を聞けたし、お金を貯める仕組みについて学んできました!!
書籍とDVDをもらい、更に次回セミナーの予約もしてきました。
本読んで、DVDを見て、自分について考えてるとなんだか自分ができていないから情けなく思えてしかたないけど、ちゃんと学んで行かないとなぁーっていう、焦りのような気もするけど、やる気が出てきました。
単純にそう思えて素直に頑張れればお金には困らない。
要は、お金に対しての考え方や働き方の問題で、マネーリテラシーを高めていきたいです。

お金の教養


今回はお金の教養講座に行ってきたので、2時間の講座で学んだ事を書いていきます。

お金を稼ぐ能力よりも、お金を持ち続ける能力を身につける。

これから書くことを素直に実践すると、自然とお金が貯まっていく仕組みが出来上がるらしいです。
1.収入の2割を天引き預金。
収入の2割をメイン口座とは別の口座に天引き貯蓄する。これは定期にするべし。
何があっても手をつけないお金。
収入の2割を天引き預金するという習慣をつけることが大事なので、無理のない範囲で行う事。千円でもいいということ。
2.収入の2割は定期自動送金
更に2割を、先ほどとは別の口座に定期自動送金する。
このお金は、自己投資の為に全て使い切る事。
セミナーに行くでもいいし、本を買うのでもいい、習い事を始めるのもいいですね。
3.残りの6割は生活費
残った6割で生活をする。
まずポイントなのは、先に貯金分を抜いてしまうというところ。
何があっても満期になるまで手をつけられないところに天引き貯金しておけば、残りで生活せざるを得ないですもんね。
そして、自己投資にお金をかけることもポイントですかね。
4.通帳を最低月1回は必ず記帳する
月1回は最低。ベストなのは事あるごとに記帳すること。
自分の通帳を決算書代わりにあらゆる支出を記録する。
通帳の空きスペースに、どこから入ってきたお金なのか、どこにいったお金なのか、なんの為に引き出したお金なのかを細かく記載していく。
5.損益計算書(P収入/L支出)を作る
毎月、支出を費目別に書き出して損益計算書を作る。
自分が何にどのくらいお金を払っているのかを把握する為と、その結果からどこを削ればいいのかを見出す為。
最低でも三ヶ月は続けること!
6.貸借対照表(B資産/S負債)を作る
三ヶ月に一度、貸借対照表を作成すること。
自分の財産の評価額と、借金の残額を把握する為。
自分の財産、資産とは、お金に変えられるもののことです。バッグでも靴でもパソコンでも、金やシルバーなどのアクセサリーもそうです。
資産よりも借金が多ければお金は貯まらないし、お金持ちにもなれないということです。

自分とお金で共働きをする

ある程度お金が貯まったら、そのままずっと手元に置いておくのではなくて、投資をしてお金にも働いてもらう。
そのためにはお金の勉強をして、資産を分散、運用期間と金額を決めて、自分の得意な投資をする。

人生が変わるお金の大事な話


こちらの書籍をいただきました。
一気にガァーーーっと読んでしまえるほどのめり込んでしまいました。
とても為になった。
この本、500円なんですよ!価格見て驚きました。
500円でこんなに大事な内容が詰まってるのかぁーと驚いたし、得した気分になりました。笑
読み終わって「自分にもできることはあるよねきっと。だから頑張らないと」っていう感じに前向きになれる。
お金の話って自分から知ろうとしないと知らないことだらけ。
すっごい大事なことなのに不思議。
日本ではお金の勉強ってしないから、自分からしに行かないとわからない。

まとめ

  • 生涯必要な額の貯蓄をする。
  • 少しの時間で多くの収入を得る仕組みを作る。
  • 労働収入がなくなっても生活できる資産、収入を持つ。

という3つが最終的な目標なのかなと思います。
講座の内容としては、本当に当たり前の事を言っていました。
言っていることはわかるんです。理解できます。その行動をちゃんとできていた時期もあります。
しかし、受講後に言われるがまま素直に行動に移せるかといったら、ほとんどの人は行動しないだろうなと思います。
素直に言っていた通りにすればお金もすぐたまるし、資産運用もできるようになるのに。
当たり前の事を当たり前にやる難しさを改めて感じました。
ダイエットを成功させるのも、お金を貯めるのも同じ。
体質改善が大事。
次回講座の予約もしてきたので、少し楽しみ。
できるだけ多くを学べるように、学んだことを活かせるように、意欲的に受講してきたいと思います。
無料の講座なので、興味と時間があり、お金について学びたい方にはいいと思います。